独立起業をサポートしてほしい

独立起業をサポートしてほしい

独立起業をサポートしてほしい

私の夫は、飲食業界で独立、起業しました。
もともと食品を扱う会社で何年か務めた後、飲食店に転勤し、
その後、店長として長く務めたあと、都心の一角にお店を開きました。
夫は会社の経理や管理等も一人でやっております。
もともとそんな知識も全くないサラリーマンだったのですが、
強い自立心から、たった一人での起業に踏み込めたようです。
今は独立起業支援も積極的に行っています。

 

そういうのをそばで見ていると、起業したい人はあらゆる業界で沢山いるものの、あと一歩が踏み出せない人が多いようです。
ただ、今は昔と違い国をあげて独立支援を強める方針が高まっているようで、お金におけるリスクも低くなってるようです。
女性は男性に比べ独立したい!と思う人は少ないとおもいますが、もし身近な男性が独立しようとしていれば、女性はぜひ応援してあげてほしいと思います。今述べたように、みなが怖がるようなリスクは今や意外と少ないのです。

 

思うに、男性が気にするのはやはり、身近な女性が賛成してくれるのか?
もしかしたら、失敗してしまうかもしれない。でもそんな時、彼女や妻はそばにいてくれるのか?ということだと思います。
女性が男性に安定した収入を望むのは当然の事だと思います。
もちろんサラリーマンに向いている人も沢山います。
けれども、独立したい、と少しでも望む人はサラリーマン以上の存在になりたい。つまりレベルアップを望む希少な人なのです。
そんな男性すごく魅力的だと思いませんか?

 

どんなことにおいても自信が大切だと思います。
むしろ自信があれば何でもできるとさえ思います。

 

起業するならこのサイトも必読です。

 

日本の為に、社会の為にも、ぜひ身近な独立志願のある男性を、女性の皆さまは応援し、自信をつけてあげてほしいと思います。

 

起業の実現

毎日同じ職場に通い、同じ仕事をこなしていれば毎月きちんとした収入が入る安定した生活。多くの人が生活の為にこういった毎日を送っていることと思います。
でも、その仕事の内容はというと本人の希望通りというわけではない場合が多々あるのではないでしょうか。

 

だいぶ前から起業について関心を持つ人が増え、起業セミナー等もよく開催されてきました。実は私もその一人。これまで転職が重なり、色々な職種、職場を経験してきました。が、ここで満足という場所はありませんでした。

 

生活の安定ということを考えれば、多少の不満には目をつぶり、大人しく毎日の仕事をこなして給料を手にする。それを当たり前に思うべきかもしれません。そう出来ない私がふと思うのは、自分の理想の職場を作るには、自分の会社を持つしかない、と。

 

そしてもしも自分が起業をするとしたら、どんな会社にするか? 

 

今、巷では大小様々な介護事業所が常に新規開設されています。まずは小規模なデイサービスの開設もいいのでは。介護の仕事をしている兄妹もいるので、家族での経営も可能。そんなことをドンドン考えている時がとても楽しい私です。


ホーム RSS購読 サイトマップ